俳句を選ぶときの心がけ

選句を大事にする習慣はとても大切

みなさんは選句をされるとき、どんな基準で選んでおられますか?

”なんとなくいい雰囲気の句だから”

というような曖昧な感覚で選んでいないでしょうか。 作句力は選句力の裏返しなので、確かな選句眼を養うことは佳句を詠むための必須条件なのです。

句会に参加してそれでおしまい、という俳句スタイルではなく、ぜひ選句力、鑑賞力を向上させる努力をしてみてください。 必ずあなたの俳句は変わってきます。

選句力を向上させる秘訣

まず自分の選句と選者の選とがどのくらい一致したかをチェックします。

同じ句会メンバーの中の尊敬する先輩たちのそれとの比較もまた有効です。 こうしたチェックをすることで、自分の選句が正しい方向を目指しいているかどうかを確認することが出来るのです。

このチェックは、多くの方が取り入れている方法と思いますが、もう一歩突っ込んで学習すると更に効果的です。 それは、選者の選のうち自分が取りこぼした作品について、なぜ自分は採れなかったのか、 どういう理由で選者はその作品を採ったのかということを復習するのです。

選者の選評などを真剣に聞いていればそのヒントが得られるはずですし、それでも分らないときは遠慮なく聞くという勇気も必要です。 こうした努力を実行する人としない人とでは、同じ年月の修行をしても明らかに力の差が出てきます。

真っ先にすることは季節感の有無

句意を鑑賞する前に、作品に使われている季語はどれか、作品に詠み込まれている季感はどうかを真っ先にチェックします。 必ずしも、「季語=季感」ではないことは、先に学びましたね。

とらえどころが面白くても、季感のないもの、季語が動くものは俳句とはいえないのです。 初学のときは、このチェックを忘れるので、ことばの雰囲気に流されて選んでしまいます。

情景や句意が具体的に伝わるものを選ぶ

本当に写生の効いた佳句は、一幅の絵として具体的に情景を連想できます。 何となく響きがいいから…というような曖昧な感覚で選んではいけないのです。

俳句の面白さは、作者の思いと鑑賞する人のそれとが必ずしも同じではないということです。 選んでくれる人の鑑賞力次第で驚くほど秀句に変身することすらあるからです。

類句、類想について

作者は、気づいていない場合が多いのですが、前にも似たような句があったな…と思われる作品は選句の対象ではありません。 ときどき鬼の首でもとったかのように、

あなたの詠んだこの俳句、類句だよ!

と大騒ぎする人がいますが、これは良いマナーとはいえません。

選者(指導者)はどこを見ているか

最後に、選者としての視点について少しお話しておきましょう。 句会の席で、互選が発表されるとき、選者は何を考えてその披講を聞いていると思われますか。 全ての選者がそうしているかはともかく、私の場合は、

誰がどのような選をしているか

ということに神経を集中させています。 その人の選句傾向が分れば、おおよそのレベルが判断できますし、その人をどのように指導すればよいかがよく分るからです。

どの句が一番高得点を得るか

というようなことは全く興味がありません。互選の結果というのは、その作品の価値を決めるものではないからです。

みのる選がそうだと言い切るだけの自負はありませんが、一般的には、句会の席上でどれだけ互選で得点を稼いでも、選者の選に入選しなければ没であり、誰一人互選にとってくれない作品であっても選者の選に入れば、その作品は入選句として評価されるのです。

GHは結社ではなく単なる趣味の俳句サイトに過ぎませんが、本物を目指す人達の道しるべでありたいと願っているので、あえて、このことを書きました。