2017-12-08 紅葉

松天へ傾ぎ紅葉は池の面へ

Alt Text

松天へ傾ぎ紅葉は池の面へ みのる


俳句の学びを初めて七年が過ぎたころ、紫峡先生から男性だけの吟行句会を発足せよとの指示が出ました。手元の資料を調べてみると、平成二年二月に須磨離宮公園で第一回涼風句会が行われています。

紫峡先生64歳、みのる47歳、いまから27年前です。

毎月、吟行地を選んで下見をし、句会場を探して具体的に計画します。乗換案内や簡単なガイドを付して案内状を作成し、前回句会の紫峡選をまとめた成績表と一緒にメンバーへ郵送します。

“会社勤めをしながらだから大変でしょう”

と、みなさん心配してくださるのですが、本人は全く負担と思わず、今だから白状できることですが、俳句第一、仕事は第二というような生活でした。

ところが五年後の平成七年一月十七日、阪神淡路大震災が発生します。震災復興に忙殺され結社のお手伝いは言うに及ばず、俳句を詠むことすらままならな状況に一変しまったのです。

あまりの激変に精神的にも病んでしまい結社離脱。

仕事が落ち着いた数年後、何度か結社復帰も勧められたのですが勇気が出ず新しい道を求めて祈っていました。そのときに震災で一躍注目され始めたインターネットでの活動を示されたのです。

やがてゴスペル俳句物語へと展開していくのですが続きはまたの機会に…

2017-12-08 紅葉