2017-11-16 紅葉

元気出せ勇気出せよと紅葉燃ゆ

Alt Text

元気出せ勇気出せよと紅葉燃ゆ みのる


日に映えて炎のように燃えている紅葉の樹下に佇んでいると、落葉樹の四季は、人の生涯の縮図のようだとふと思う。

復活の春を告げる芽吹きは、新しい生命の誕生だし、新緑から若葉、青葉と変化してく様子は、少年期、青年期、壮年期である。そこからは、厳しい夏の暑さや台風などの激しい風雨とも戦いながら生き伸びなければならない。

耐えきれずに果ててしまう病葉もあるけれど、秋風が吹きはじめる頃になると、ほっと一息ついて生気を取り戻す。人生に例えれば、老後の過ごし方についてあれこれ思い巡らす頃だ。

爽やかな日々は短く、色づき始めた紅葉は、残る命を惜しむかのごとく燃え、やがて吹きすさぶ木枯らしとともに果てて、土に帰る。

そんなふうに考えるとなんだか儚いけれど、人の命は全て神様の手の内。賜った余生を、悔いの残らないように燃え尽きたいと思う。

2017-11-16 紅葉