俳句を詠む場合に季語は必須ですが、守るべき約束があります。

  1. 一句の中に季語は一つ
  2. 季語が動かないこと
  3. 季語の説明をしない
  4. 季語が憑き過ぎないこと(離れすぎもいけない)

基本的なことはこの四点です。

折々説明しますが、今回は「説明・憑きすぎ」について書いてみます。

まず一例をあげましょう。

石鎚や青々として梅雨明ける

山が青々として見えて、ようやく梅雨が明けたんだなぁ・・というのが句意ですが、これは○○だから△△だ、という季語の説明になります。 元来「季語」は説明しなくても深みのある固有の味を持っています。俳句という芸術の伝統が年月を経てそれらを育ててきたわけです。その季語の働きを借りることで、わずか十七字でも深い深い感動が伝えられるのです。

季語が憑き過ぎるというのはひとことで説明しにくいですが、採用した季語が一句の構成の中であまりにお膳立てが整いすぎている場合をいいます。

頭のなかで考えて句を詠んだ場合に得てして季語が憑きすぎになる傾向が高いです。作った本人は自分の句に陶酔してしまうので判らないのですが他人が鑑賞するとすぐに判ります。

高度なテクニックになるんですが「出来るだけ季語を離す」ことが佳句の条件です。離れすぎて「季語が動く」のは勿論よくないのですが、「つかずはなれず」のぎりぎりが最も良いわけです。

句を作っているときにそんな事を考えている余裕はありませんから、作った後で推考するときに、「季語が動かないか?」「憑きすぎていないか」「もっと適切な季語はないか」などをチェックす るのです。

初心者のは、まだその基準が十分身についていないので添削でお手伝いしているわけです。拙作で恐縮ですが次の作品を鑑賞してみてください。

温泉を引けるパイプなるべし草紅葉

「温泉」は「ゆ」と読みます。 草紅葉の説明は一切していませんが一句全体で見た場合、「草紅葉」という季語はとてもよく効いているのです。おわかり頂けるでしょうか?

初心のうちはまず季語を覚えること必須です。しかし次なるステップは、その季語のもつ本質を研究して的確に用いることが上達のキーポイントです。