alt

一句の中で季語の果たす役割はとても重要で、 季語が複数ある(季重なり)と俳句で最も大切とされる季節感があいまいになってしまいます。

季語は一句の焦点となる要です。ですからそれが二つあると焦点が定まらないので写真で言うとピンぼけのようなシャープさに欠けた句になって切れ味を失います。同季の季語重なりなら句の内容によっては許容できるケースもありますが、季の異なる季語が重なっている場合は、俳句とは言えません。

あなたが上達したいと願っておられるのであれば、季重なりの句は絶対に詠まないという強い気構えで訓練されたほうがいいと思います。